スタンプポイントマップ

  • 1.早稲田大学

    肥前

    佐賀県出身の政治家で、早稲田大学の創設者としても知られる大隈重信。講堂の時計塔は大隈重信が提唱した「人生125歳説」にちなみ、125尺の高さとなっています。また、講堂内でしか見られない大礼服姿の大隈重信像は必見です。
    ※講堂内大隈重信像はゴール時にご覧ください。

    所在地/新宿区戸塚町1-104
    最寄駅/東京メトロ東西線「早稲田駅」

  • 2.上野公園 西郷隆盛像

    薩摩

    幕末維新期における西郷隆盛の功績を後世に伝えるため、明治31年に上野恩賜公園の山王台広場に建立された西郷隆盛像。
    草履ばき着流しの散歩姿で愛犬とともに立つ姿は、上野のシンボル的存在として親しまれています。

    所在地/台東区上野公園5-20
    最寄駅/JR・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」

  • 3.皇典講究所跡

    長州

    皇典講究所は、明治15年に当時の麹町区飯田町に設立された、神道の研究教育機関です。
    その後、山田顕義らによって、日本法律学校(現・日本大学)と國學院(現・国学院大学)が設立されました。現在、両校の発祥の地を示す碑が建立されています。

    所在地/千代田区飯田橋3-5
    最寄駅/東京メトロ東西線他「飯田橋駅」

  • 4.靖国神社 大村益次郎銅像

    長州

    大村益次郎は、維新の十傑の一人で、長州藩の軍事参謀や、明治政府の兵部大輔として活躍しました。
    大村が戊辰戦争の戦死者の霊を弔うため社地を選定したのが東京招魂社(現・靖国神社)で、参道には大村の銅像が建てられています。

    所在地/千代田区九段北3-3-1
    最寄駅/東京メトロ東西線・半蔵門線「九段下駅」

  • 5.東京駅丸の内駅舎 天井レリーフ

    肥前

    佐賀県出身で明治建築界の重鎮、辰野金吾が設計した東京駅丸の内駅舎ドームには、十二支のうち八支のレリーフがありますが、同じく辰野が設計した佐賀県武雄温泉楼門に彫られた四支と合わせると十二支になることが平成25年に発見され、話題となっています。

    所在地/千代田区丸の内1-9-1
    最寄駅/JR「東京駅」

  • 6.桜田門

    薩摩

    桜田門は安政7年3月3日に起きた、水戸藩からの脱藩者17名と薩摩藩士1名による大老・井伊直弼の暗殺事件、いわゆる「桜田門外の変」で有名な門です。
    昭和36年6月に国の重要文化財に指定されました。

    所在地/千代田区皇居外苑1
    最寄駅/東京メトロ有楽町線「桜田門駅」・日比谷線「霞ヶ関駅」

  • 7.三菱一号館美術館

    土佐

    土佐藩出身で三菱の創業者である岩崎彌太郎。
    彼の死後、事業を継いだ弟の彌之助は明治23年に政府の要請で丸の内にオフィス街の建設を計画。
    明治27年、丸の内初のオフィスビル三菱一号館が竣工しました。現在の建物は平成21年に復元されたものです。

    所在地/千代田区丸の内2-6-2
    最寄駅/JR「東京駅」

  • 8.千葉定吉道場跡

    土佐

    幕末に千葉定吉によって開かれた、北辰一刀流の道場です。
    坂本龍馬は嘉永6年、剣術修行のため故郷の土佐を出て、千葉定吉道場に入門。
    安政5年正月には定吉から「北辰一刀流 長刀兵法」の目録を伝授されました。

    所在地/中央区八重洲2-8-8付近
    最寄駅/JR「東京駅」

  • 9.浜川砲台(新浜川公園)

    土佐

    かつてこの辺りには土佐藩品川下屋敷と鮫洲抱屋敷があり、ペリー再来航後の安政元年、外国船の再来に備え砲台が設けられました。
    当時製造されていた大砲を復元した浜川砲台のモニュメントが新浜川公園にあります。

    所在地/品川区東大井2-26-18
    最寄駅/京急「立会川駅」

  • 10.北浜川児童遊園 二十歳の龍馬像

    土佐

    嘉永6年6月、ペリーが艦隊を率いて浦賀に現れると、剣術修行で江戸に出ていた龍馬も藩命を受け品川下屋敷に詰め沿岸の警備にあたりました。
    北浜川児童遊園には世界に出会った若き日の姿の龍馬像が建てられています。

    所在地/品川区東大井2-25-22
    最寄駅/京急「立会川駅」

  • 11.旧新橋停車場

    長州

    イギリスで鉱山と鉄道の技術を学んで帰国した井上勝は、明治5年、新橋~横浜間に日本最初となる鉄道の開業に尽力し、「鉄道の父」と呼ばれています。
    旧新橋停車場は、当時と同じ場所に、開業当時の駅舎の外観を忠実に再現した建物です。

    所在地/東京都港区東新橋1-5-3
    最寄駅/JR「新橋駅」・東京メトロ銀座線「新橋駅」

  • 12.渋谷区薩摩藩下屋敷跡

    薩摩

    薩摩から江戸に上った篤姫は、いったん三田の薩摩藩上屋敷に入りましたがその屋敷が安政の大地震で被災したため、渋谷の下屋敷に移ったそうです。
    そして安政3年に篤姫はこの屋敷から将軍家に嫁いでいます。

    所在地/渋谷区東4
    最寄駅/JR・東京メトロ・東急・京王井の頭線「渋谷駅」

  • 13.鍋島松濤公園

    肥前

    徳川吉宗を輩出した紀州徳川家の下屋敷であった地。旧佐賀藩主の鍋島家が明治9年、この地に茶園を開いて「松涛」の銘で売り出すなど、松涛は鍋島家により開発が進められました。明治から大正にかけて鍋島家農園があり、関東大震災以後は鍋島邸もおかれました

    所在地/渋谷区松濤2-10-7
    最寄駅/京王井の頭線「神泉駅」

  • 14.松陰神社

    長州

    吉田松陰が安政の大獄で処刑された後、門人の高杉晋作らによって改葬され、墓所となった地に、明治15年に建立された神社です。
    今日、神社は学問の神として崇敬を集め、境内には、松下村塾(模造)も建てられています。

    所在地/世田谷区若林4-35-1
    最寄駅/東急世田谷線「松陰神社前駅」

  • 15.江戸城無血開城会談の地

    薩摩

    新政府軍の江戸城総攻撃を目前にひかえた慶応4年3月14日、新政府軍の西郷隆盛と幕府の陸軍総裁・勝海舟が会談し江戸無血開城を取り決めた「勝・西郷会談」の行なわれた薩摩藩屋敷跡の由緒ある場所です。

    所在地/港区芝5-33-8
    最寄駅/JR「田町駅」・都営三田線「三田駅」

  • 16.台場公園砲台跡

    肥前

    ペリー来航により、江戸の防衛のため江戸湾に築かれた砲台の台場跡。大砲は佐賀藩、多布施反射炉で鋳造されたものです。現在では台場公園として第三台場が国の史跡として残っています。

    所在地/港区台場1-10-1
    最寄駅/新交通ゆりかもめ 「お台場海浜公園駅」

  • 1.早稲田大学

    肥前

    佐賀県出身の政治家で、早稲田大学の創設者としても知られる大隈重信。講堂の時計塔は大隈重信が提唱した「人生125歳説」にちなみ、125尺の高さとなっています。また、講堂内でしか見られない大礼服姿の大隈重信像は必見です。※講堂内大隈重信像はゴール時にご覧ください。

    所在地/新宿区戸塚町1-104
    最寄駅/東京メトロ東西線「早稲田駅」

  • 2.上野公園 西郷隆盛像

    薩摩

    幕末維新期における西郷隆盛の功績を後世に伝えるため、明治31年に上野恩賜公園の山王台広場に建立された西郷隆盛像。
    草履ばき着流しの散歩姿で愛犬とともに立つ姿は、上野のシンボル的存在として親しまれています。

    所在地/台東区上野公園5-20
    最寄駅/JR・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」

  • 3.皇典講究所跡

    長州

    皇典講究所は、明治15年に当時の麹町区飯田町に設立された、神道の研究教育機関です。
    その後、山田顕義らによって、日本法律学校(現・日本大学)と國學院(現・国学院大学)が設立されました。現在、両校の発祥の地を示す碑が建立されています。

    所在地/千代田区飯田橋3-5
    最寄駅/東京メトロ東西線他「飯田橋駅」

  • 4.靖国神社 大村益次郎銅像

    長州

    大村益次郎は、維新の十傑の一人で、長州藩の軍事参謀や、明治政府の兵部大輔として活躍しました。
    大村が戊辰戦争の戦死者の霊を弔うため社地を選定したのが東京招魂社(現・靖国神社)で、参道には大村の銅像が建てられています。

    所在地/千代田区九段北3-3-1
    最寄駅/東京メトロ東西線・半蔵門線「九段下駅」

  • 5.東京駅丸の内駅舎 天井レリーフ

    肥前

    佐賀県出身で明治建築界の重鎮、辰野金吾が設計した東京駅丸の内駅舎ドームには、十二支のうち八支のレリーフがありますが、同じく辰野が設計した佐賀県武雄温泉楼門に彫られた四支と合わせると十二支になることが平成25年に発見され、話題となっています。。

    所在地/千代田区丸の内1-9-1
    最寄駅/JR「東京駅」

  • 6.桜田門

    薩摩

    桜田門は安政7年3月3日に起きた、水戸藩からの脱藩者17名と薩摩藩士1名による大老・井伊直弼の暗殺事件、いわゆる「桜田門外の変」で有名な門です。
    昭和36年6月に国の重要文化財に指定されました。

    所在地/千代田区皇居外苑1
    最寄駅/東京メトロ有楽町線「桜田門駅」・日比谷線「霞ヶ関駅」

  • 7.三菱一号館美術館

    土佐

    土佐藩出身で三菱の創業者である岩崎彌太郎。
    彼の死後、事業を継いだ弟の彌之助は明治23年に政府の要請で丸の内にオフィス街の建設を計画。
    明治27年、丸の内初のオフィスビル三菱一号館が竣工しました。現在の建物は平成21年に復元されたものです。

    所在地/千代田区丸の内2-6-2
    最寄駅/JR「東京駅」

  • 8.千葉定吉道場跡

    土佐

    幕末に千葉定吉によって開かれた、北辰一刀流の道場です。
    坂本龍馬は嘉永6年、剣術修行のため故郷の土佐を出て、千葉定吉道場に入門。
    安政5年正月には定吉から「北辰一刀流 長刀兵法」の目録を伝授されました。

    所在地/中央区八重洲2-8-8付近
    最寄駅/JR「東京駅」

  • 9.浜川砲台(新浜川公園)

    土佐

    かつてこの辺りには土佐藩品川下屋敷と鮫洲抱屋敷があり、ペリー再来航後の安政元年、外国船の再来に備え砲台が設けられました。
    当時製造されていた大砲を復元した浜川砲台のモニュメントが新浜川公園にあります。

    所在地/品川区東大井2-26-18
    最寄駅/京急「立会川駅」

  • 10.北浜川児童遊園 二十歳の龍馬像

    土佐

    嘉永6年6月、ペリーが艦隊を率いて浦賀に現れると、剣術修行で江戸に出ていた龍馬も藩命を受け品川下屋敷に詰め沿岸の警備にあたりました。
    北浜川児童遊園には世界に出会った若き日の姿の龍馬像が建てられています。

    所在地/品川区東大井2-25-22
    最寄駅/京急「立会川駅」

  • 11.旧新橋停車場

    長州

    イギリスで鉱山と鉄道の技術を学んで帰国した井上勝は、明治5年、新橋~横浜間に日本最初となる鉄道の開業に尽力し、「鉄道の父」と呼ばれています。
    旧新橋停車場は、当時と同じ場所に、開業当時の駅舎の外観を忠実に再現した建物です。

    所在地/東京都港区東新橋1-5-3
    最寄駅/JR「新橋駅」・東京メトロ銀座線「新橋駅」

  • 12.渋谷区薩摩藩下屋敷跡

    薩摩

    薩摩から江戸に上った篤姫は、いったん三田の薩摩藩上屋敷に入りましたがその屋敷が安政の大地震で被災したため、渋谷の下屋敷に移ったそうです。
    そして安政3年に篤姫はこの屋敷から将軍家に嫁いでいます。

    所在地/渋谷区東4
    最寄駅/JR・東京メトロ・東急・京王井の頭線「渋谷駅」

  • 13.鍋島松濤公園

    肥前

    徳川吉宗を輩出した紀州徳川家の下屋敷であった地。旧佐賀藩主の鍋島家が明治9年、この地に茶園を開いて「松涛」の銘で売り出すなど、松涛は鍋島家により開発が進められました。明治から大正にかけて鍋島家農園があり、関東大震災以後は鍋島邸もおかれました

    所在地/渋谷区松濤2-10-7
    最寄駅/京王井の頭線「神泉駅」

  • 14.松陰神社

    長州

    吉田松陰が安政の大獄で処刑された後、門人の高杉晋作らによって改葬され、墓所となった地に、明治15年に建立された神社です。
    今日、神社は学問の神として崇敬を集め、境内には、松下村塾(模造)も建てられています。

    所在地/世田谷区若林4-35-1
    最寄駅/東急世田谷線「松陰神社前駅」

  • 15.江戸城無血開城会談の地

    薩摩

    新政府軍の江戸城総攻撃を目前にひかえた慶応4年3月14日、新政府軍の西郷隆盛と幕府の陸軍総裁・勝海舟が会談し江戸無血開城を取り決めた「勝・西郷会談」の行なわれた薩摩藩屋敷跡の由緒ある場所です。

    所在地/港区芝5-33-8
    最寄駅/JR「田町駅」・都営三田線「三田駅」

  • 16.台場公園砲台跡

    肥前

    ペリー来航により、江戸の防衛のため江戸湾に築かれた砲台の台場跡。大砲は佐賀藩、多布施反射炉で鋳造されたものです。現在では台場公園として第三台場が国の史跡として残っています。

    所在地/港区台場1-10-1
    最寄駅/新交通ゆりかもめ 「お台場海浜公園駅」

お問合せ

薩長土肥ウオークinTOKYO 運営事務局
03-6265-6814(平日10:00〜17:00)

〒102-0074
東京都千代田区九段南1-6-17
(株)毎日企画サービス内

主催

平成の薩長土肥連合
(鹿児島県・山口県・高知県・佐賀県)

平成の薩長土肥連合
ホームページはこちら
(C)2017- 薩長土肥ウオークinTOKYO
Top